理事長挨拶

 h300221理事長挨拶.jpg

新年明けましておめでとうございます。

 会員の皆様には、平成三十年・戊戌の歳を健やかにお迎えになられ、

新たな思いを胸に一年の志を立てられたことと思います。

 この新しい年の寿ぎに、嬉しいニュースがございます。

本会名誉会長代行の樽本樹邨先生が、第四十九回東海テレビ文化賞を、

名誉副会長の安藤滴水先生が、第六十九回愛知県表彰・教育文化功労者と

して、それぞれご受賞・表彰を受けられました。両先生には、今後とも

ご健勝で、本会にも変わらぬご指導をお願い申し上げます。

 さて、本会の今年一年の事業予定に対し、事務局に於いて着々と計画が

立てられ、実行すべく準備がなされております。

 まずは、最も基本となる事業であります中日書道展は、本年で第六十八回を

えますが、かねてよりご案内のとおり、大村愛知県知事のお力添えにより

実現いたしました、日中国交正常化四十五周年並びに、日中平和友好条約締結

四十周年を記念する、愛知県・江蘇省文化交流事業「友好書道展」を、

中日書道展と併催する形で実施したいと考えております。

 三千年を超える歴史を有し、日中両国に共通する芸術の華である『書』を

通じての交流により、人と人、心と心が通い合う友好関係をより深く築いて

きたいと願っております。

 今年度の中日書道展では、愛知県美術館が耐震補強工事により使用が

出来ず、苦心の末の会場確保及び日程となりました。会員・協賛会員の皆様

には、ご無理なお願いをいたすかもしれませんが、どうかご理解の上、

成功に導けるようご協力いただきたく存じます。

 その他では、例年同様に、教育研修・公開講座・壽書展・書きぞめ展等の

本部事業のみならず、各支部に於いても様々な事業が計画されております。

西三河支部では、一宮・半田支部に続いて五十周年を迎え、半世紀の歴史を

有することとなり、頼もしい限りです。

 どうか皆様には、今年一年の自己研鑽とともに、本部・支部事業への

ご参加、お力添えをお願いしまして、新年のご挨拶方々、本年の抱負を

述べさせていただきました。


最近の更新

2018年 「夏休み毛筆体験教室」無事終了しました!
行事・案内にて掲載
第24回 岐阜支部展
行事・案内にて掲載
第33回 濃飛支部展
行事・案内にて掲載